ワイヤレスイヤホン入門機におすすめしたいTT-BH07レビュー

音楽

こんにちは!秋です

最近の携帯電話はイヤホンジャックがなくなってきたことにより

Bluetoothイヤホンの需要が上がってきた気がします。

でもBluetoothイヤホンて高いイメージありませんか?

僕も買う前は相場が1万円代だと思っていましたが今回紹介するイヤホンは

安くても使いやすいコスパのいいイヤホンですよ!

スポンサーリンク

TaoTronics TT-BH07 ブラック

パッケージはこんな感じ

全体像

値段は¥2,990+税

これコスパすごいいです

Bluetoothイヤホンといってもイヤホン同士が線で繋がっているので無くしにくいです。

BOSEのBluetoothイヤホンやAir Podsはよく片方なくなった

などと聞くことがあるのですがシンプルに繋がっていると便利です。

使いやすい点

イヤホンの側面が磁石になっている

イヤホンの側面が磁石になっているので

首からぶら下げておくことが出来るんですよ

これの何が便利かというと

音楽を聴いたまま買い物してレジでイヤホン外そうとすると

イヤホンのコード邪魔じゃないですか?

ですが

コードが無くイヤホンを外して首にかけておくことができるので手間が省けます

磁石でイヤホン同士をくっつけておくことが出来るのでずり落ちていくことがありません

通話にも使える

通話にも問題なく使うことができます
僕はよくLINEのグループ通話やDiscordの通話などに使うのですが

遅延もあまり感じずに普通に通話することができます。

ですがスマホで音ゲーなどをする場合あまりオススメしません。

通話ではあまり遅延を感じませんが

音ゲーっでは少しの遅延でも結構やりづらくなってしまうかもしれません

音質が良い

「Bluetoothを使っていると音質ちょっと悪くなるんでしょ?」

と思う方もいるかもしれませんが

このイヤホン音質めちゃくちゃいいです

お値段3000円で音質もいいコスパがいいイヤホンで僕のウォークマンの相棒です。

音楽プレイヤー初心者にウォークマンNW-A50がおすすめ
こんにちは!秋です。 皆さんは何で音楽を聴きますか? 僕はSONYのウォークマンを愛用しているのですが中には携帯電話、 特にiPhoneで音楽を聴いてるって方もいると思います。 最近のiPhoneはイヤホンジ...

デメリット

電池が切れかけて来ると音が鳴る

ここがメリットになるかデメリットになるかは人によりますが

「警告音が鳴ってくれるから便利」という方にはメリットですが

電池の残量が少なくなってくると一定時間おきに音が鳴るのですが

曲を流している上から被せて警告音が鳴るので

曲に集中できない

ハイレゾに対応していない

僕は普段ハイレゾの曲は聴かないのでTT-BH07を

愛用しているのですが

ハイレゾの曲を聴きたい、

普段ハイレゾしか聞かないよって方には

おすすめしません

1番小さい音量にしてもかなり音が大きい

使い始めは音量が大き過ぎて「これ耳悪くなりそうだなぁ」とか思っていました

「1番小さい音量でも音大きいんじゃ音漏れするんじゃないの?」って思いますよね

心配ありません全然音漏れはしません

かなり近くまで近づかないと聞こえないくらいなので音漏れ問題は大丈夫でした

音漏れの確認方法

上の画像のように音の出口を軽くふさいで耳元に持ってくると

音が漏れているのか確認しやすいですよ。

秋

大抵のカナル型のイヤホンは爆音で音楽を

流さない限りは音漏れしにくいです。

終わりに

TaoTronics TT-BH07 ブラック

かなりコスパいいイヤホンだと思います

デメリットも僕はあまり気にならない程度なので

正直1万円のイヤホンと言われても納得できそうなクオリティです。

とても3000円には見えないですね。

新しいイヤホンを探している、コスパのいいイヤホンを探しているという方に

自信を持ってお勧めきるイヤホンですので気になった方は是非とも買って見てください。

最後までありがとうございました。

それではノシ

コメント